ストレッチ勉強会

からだ屋さんでは毎月1回勉強会があります。
スタッフは自主的に参加し知識と技術に磨きをかけています。
さて先日の勉強会は富士子先生による「ストレッチコース」の技術チェックと、「抜き」の大切さを学びました。
セルフストレッチも気持ちが良いですが「一緒に行うストレッチ」の気持ち良さは、普段伸ばしきれないところを、呼吸を合わせながらゆったり行うところです。
(ストレッチにも色々種類がありますが、今回は当店のメニューにある「ゆったりストレッチ」です。)
この時、「伸ばすお手伝い」よりも「抜いていく圧」がとても気持ちよくて大事なのです。
この気持ち良さをC子的に例えるならば、「滞っていた血流がサーッと流れてゆくような。末端にまで血が行き届いてチリチリする。」←よく何言ってるのか分からないと言われます(笑)
でもこれはストレッチを受ける側が、どこが伸びて、抜き圧がどのように気持ち良いのか感じてもらえば分かるのです。
だから私たちはひたすら練習をします。自分では出来ていると思っても受けて側は痛くて気持ちよくないストレッチというものが存在するからです。

違う視点から見ると、体の硬度、軟度でも施術側は加減を知らないといけないのです。だから体の柔らかいスッタフさんをとっ捕まえて、身体を借りて練習します。(現在、から屋さん3店舗の中に2人柔らかいスタッフがおります。)
そんな努力の賜物の、からだ屋さんのストレッチコースです。
効きがイマイチな時や、強すぎる時は遠慮なくスタッフにお申し出ください。

ではまた!
IMG_6345

記事担当:C子
写真:勉強会風景

PAGE TOP